TOP ABOUT US CONTACT US LINKS PRIVACY POLICY
[ ENGLISH ]
ASTON MARTIN Specialist Body Repair Centre
アストンマーティン・ラゴンダ・リミテッド社は最新技術を満載しユニーク
な車体構造を持つスーパーカーであるV12ヴァンキッシュを導入し、
DB9、続いて2005年にはV8ヴァンテージを発表しました。
V8ヴァンテージとDB9は、共に新しいアルミボンデッドフレームを
採用し、今後全てのアストンマーティン車に採用されます。
ボンデッドアルミフレーム、アルミや軽量合成素材が使用された
ボディーパネルには特殊な鈑金設備や技術が不可欠な要素となります。
DB7やそれ以前のアストンマーティン車に採用されているボディ構造や素材は
従来型のものであり、通常のサービス工場での対応が可能でしたが、V12ヴァン
キッシュ以降の新世代型アストンマーティン車には特殊なサービス対応力を有する
鈑金サービス工場が必要となりました。つまり、特殊工具と必要な研修を受けたメカニックを配備し、世界中どこにおいても製造工場に匹敵する設備と技術力を提供するこが必要条件となるのです。
証明された高い技術力で信頼にお応えします。
こうした事情により当社は2003年11月にアストンマーティン・ラゴンダ・リミテッド社と契約を交わし、ボディに関して、 全ての修理が可能な工場として、「アストンマーティン・ボディリペア・センター・カテゴリーA」の認定を受けました。英国のサッチャムトレーニングセンターで、2004年にV12ヴァンキッシュ、2005年にDB9、2006年にはV8ヴァンテージの
研修を修了いたしました。
ASTON MARTIN BODY REPAIR CENTRE CATEGORY A   V12 Vanquish Body Repair   DB9 Body Repair Course   V8 Vantage Body Repair Course  
アストン マーティン・ボディリペア・センター・カテゴリーA 認定証
     
英国ゲイドンDB9本社工場   英国ニューポートパグネルヴァンキッシュ工場
   
2004年 V12ヴァンキッシュ 2005年 DB9 2006年 V8ヴァンテージ
英国サッチャムトレーニングセンターでの様子
 
▲UP
Copyright(C) B*RIGHT All Rights Reserved.